火災保険はどうやって選ぶ?自分に必要な補償内容を絞り込もう

賃貸で一人暮らしなら

賃貸で住んでいる人は不動産賃貸会社から火災保険に加入をすすめられることがありますよね。内容を確認したことはありますか。殆どの場合は家財保険であることが多いのではないでしょうか。他には自分の過失で損害を与えてしまったときに補償される内容が入っていることが多いです。自分で火災保険を選べる場合には、このような補償内容が最低限あれば問題ない可能性が高いので、あとはインターネットで比較して自分に合ったものを選べば十分でしょう。

賃貸で家族で住んでいるときは

家族の人数にもよりますが、家庭構成によっては少し火災保険の内容を検討する必要があるかもしれません。恐らく、不動産賃貸会社から賃貸契約時に加入するようにいわれる火災保険にまずは加入することになると思いますが、それだけでは足りないと思ったら、自分でも必要な補償を追加する必要があるかもしれません。例えば家族の人数が増えると家財が多くなりますし、高価な品物が家にある場合などです。心配なら家財を増額するなど検討してみてはいかがでしょうか。

自己所有の自宅の場合は

自宅を所有している場合には、火災保険はしっかり時間をかけて比較し、加入することが大切ですよ。なぜなら、賃貸は自分の持ち物や不慮の事故などの補償があれば十分なのですが、家を所有し、特に一戸建てなどは家や家の中全てを補償する保険に入る必要があります。マンションも同様ですが、一戸建ては火災のリスクが高くなるため、マンションよりも保険料は高くなる傾向にありますよ。加入年数や補償内容を検討して、必要な補償、そうでない補償を見極めることが重要です。

火災保険への加入を行うことで、火災に対する補償が受けられるため、万が一への備えを行う上で大変役立ちます。