ゲームを作るにはゲームの専門学校を卒業することで就職がしやすくなります

ゲームの専門学校へ入学するには学歴が必要です

ゲームを作るためには専門学校を卒業すると就職率が上がりますが、みんなゲームが好きな人が入校する学校です。ゲームは様々なプログラムが組み合わさって作られているので、それら全てを覚えるためにゲームの専門学校へ進学します。期間は最大で4年制までなので4年制だとしっかりゲームの製作方法が理解できるでしょう。専門学校へ入校するには最低限、高等学校を卒業する必要があります。ゲームの製作には数学などの計算を使うので、高等学校を卒業していないと授業についていくことができません。

専門学校は勉強中から現場でゲームの製作をします

1年目は簡単な基本を勉強しますが、何をするときでも基本が一番大切になるのでしっかりと勉強した方が良いですね。ですが、2年目に入ると本格的な高度な技術を身につけるために、実践的な勉強をするので他のコースの生徒と一緒にゲームを作って生きます。3年目になるといよいよチームワークを使って製作していくので、コミュニケーション力を高めることを目的としているので、OJTにも積極的に参加して実際の職場でゲームを作っていきます。

専門学校を卒業してからが、本当の勉強が始まります

ゲームを作るということは非常に難しいので、専門学校を卒業しても必ずゲームの製作をするお仕事ができるとは限りません。専門学校は基本的なことを勉強する場所なので、卒業した後の勉強の方がはるかに大変です。専門学校を卒業しても実際の現場とは異なるので、現場でもお仕事を覚える必要があるので卒業後も毎日が勉強の連続になります。専門学校を卒業した人が何処の会社へ入社して活躍しているかも、学校を決めるときの非常に重要な選択基準になります。

ゲームの専門学校はプログラミングやCG制作など目的に合わせてコースが選べるので、プロのクリエイターになりたい場合には最適です。