デビットカードの様々な特徴についての考察

デビットカードの特徴その1

デビットカードの特徴として、銀行の口座と連携しているため使用したらすぐに通帳から引き落とされます。万が一残高以上の買い物をしようとした場合は、エラーが出るので使いすぎる心配がありません。また、VISAのシステムを利用しているため、VISAカードが使える店舗では使えます。デビットカードの柄ですが、通常のクレジットカードとほとんど変わらないため、クレジットカードを使っていると思われる場合がほとんどなので、形にこだわる人でも遠慮なく使用できますよ。

デビットカードの特徴その2

デビットカードでの利用の場合、通常は口座の残高以上の買い物はできないですが、一つだけ例外があります。ガソリンスタンドでガソリンを給油した場合には、通常のクレジットカードの場合と同様に後日請求となります。その時に残高がない場合には、指定の方法で入金すれば審査なしですぐに利用が再開できます。同じガソリンスタンドでもガソリンの給油ではなく、オイル交換などの場合には、通常の支払い方法となりますので、注意が必要になりますよ。

デビットカードの特徴その3

デビットカードで買い物をした場合、通常のクレジットカードと同じように盗難保険が付帯されています。デビットカードで買い物をして盗難にあった場合、カード会社にもよりますが、300000円の範囲で補償されます。購入時から60日以内に発行しているカード会社に申し出を行う必要があります。盗難以外でも不注意で壊してしまった場合や購入した商品が火災で燃えてしまった場合も補償の対象となる場合があります。万が一の時には大きな味方になりますよ。

決済代行は複数の機関と一括契約をして、管理も一元で行えるようになるので面倒な入出金などについても把握しやすくなります。